四條畷市・寝屋川市の痛くない・優しい歯医者さん

〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-11-58/JR学研都市線 四條畷駅徒歩7分

食育支援歯科認定/小松病院連携登録歯科

 
9:00~13:00 ×
15:00~19:00 ×

△:土曜日は17:00まで/休診日:日・祝

Pあり(3台)お問い合わせ下さい

お気軽にお問合せください

072-863-1811

歯周病と噛み合わせ-Occlusion&Periodontitis-

歯周病を放置すると、噛み合わせにも影響が出てきます。

最近、歯が少し乱れてきた、前歯がすきっ歯になってきた、前歯が出てきた、、、

それは、フレアーアウトになっているかもしれません。

20代から進行する出っ歯「フレアーアウト」とは?

フレアーアウト

フレアーアウトとは、前歯の歯並びが前方に放射状に倒れていく現象です。それまできちんと並んでいたはずの歯並びが、年齢とともに徐々に前方に突き出るようになる「出っ歯」や歯と歯の間隔が次第に開いてくる「すきっ歯」になっていきます。

痛みもなく非常にゆっくりと進行するため、自分では気づかないことが多く、30~40代になってから、そういえば前歯の歯並びが昔と違う?と思うことが多いのです。噛み合わせなどが原因で起こる現象のため、就寝中に歯ぎしりを行っている場合だと、かなりの確率でフレアーアウトが起こっていると考えられます。

フレアーアウトの発生要因とは?

フレアーアウトの治療について

健康な場合、歯の隙間は、埋まっています。

歯周病でフレアーアウトを起こすと、歯と歯の間に隙間が空いてしまいます。

症例

実際にフレアーアウトを起こされた方です。フレアーアウトにより、歯と歯の間に隙間ができ、歯周病により、歯の根っこが露出しています。このような状態になるのは、年齢のせいではありません。長期的な放置によるものです。