四條畷市・寝屋川市の痛くない・優しい歯医者さん

〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-11-58/JR学研都市線 四條畷駅徒歩7分

 
9:00~13:00 ×
15:00~19:00 ×

△:土曜日は17:00まで/休診日:日・祝

お気軽にお問合せください

072-863-1811

歯周病と噛み合わせ-Occlusion&Periodontitis-

歯周病を放置すると、噛み合わせにも影響が出てきます。

最近、歯が少し乱れてきた、前歯がすきっ歯になってきた、前歯が出てきた、、、

それは、フレアーアウトになっているかもしれません。

20代から進行する出っ歯「フレアーアウト」とは?

フレアーアウト

フレアーアウトとは、前歯の歯並びが前方に放射状に倒れていく現象です。それまできちんと並んでいたはずの歯並びが、年齢とともに徐々に前方に突き出るようになる「出っ歯」や歯と歯の間隔が次第に開いてくる「すきっ歯」になっていきます。

痛みもなく非常にゆっくりと進行するため、自分では気づかないことが多く、30~40代になってから、そういえば前歯の歯並びが昔と違う?と思うことが多いのです。噛み合わせなどが原因で起こる現象のため、就寝中に歯ぎしりを行っている場合だと、かなりの確率でフレアーアウトが起こっていると考えられます。

フレアーアウトの発生要因とは?

移動力の源は「噛み合わせ」の力

フレアーアウトになる歯を作る出す「力」の大元は噛む時に発生する咬合力です。実は普通の人で前歯で約15kg、奥歯で60kgの咬合力が発生しています。就寝時の歯ぎしりではそれ以上の力がかかります。この「力」とあごの動きが歯を前方へ押し出す力の源です。

長期で持続的な力の環境

歯は少しぐらい裏から押した程度では、簡単に移動することはありません。あくまで持続的な力を長期間にわたって受けた場合に移動が起こります。このため前後の噛み合わせのバランスが狂ってきたり、歯の形態があごの動きとマッチしなくなったりすると、常に同じ方向に許容を超えた力が加わり、歯の移動が起こってくるのです。毎日の就寝時に比較的長時間に渡って比較的強い力で歯がぶつかり合うことが多い「歯ぎしり」などは、大きなリスクとなります。

移動させない為の「力」の減少

歯を保持している骨の減少する歯周病などが進行すると歯がぐらつくようになりわずかな力で歯が移動するようになります。歯周病が進行するとフレアーアウトが起こりやすくなります。

歯の本数の減少

奥歯の上下の噛み合わせをペンチのような物と例えると、前歯の噛み合わせはハサミのような物です。垂直方向には決して力がかからないため、噛めば噛むほどすれ違いが大きくなり横方向に力が発生します。正常な噛み合わせでは、ハサミが食い込みすぎるのを防止するために奥歯が垂直的にぶつかりあって前歯のすれ違いを制限しています。

噛み込みが深い前歯

前歯の噛み合わせで、下の前歯が上の前歯の根元(歯と歯茎の境目付近)にぶつかっている場合は噛み込みが深いと言えます。ハサミでいえば、すれ違い部分が広く幅の大きな状態です。食べ物をしっかり切ることができますが、それだけ歯ぎしりなどの動きに対して逃げ場がなくなりフレアーアウトが起こりやすい状況になりがちです。

フレアーアウトの治療について

あごの動きを中心に歯を考える

フレアーアウトはあごの動きから見ると、あごが動きたい方向にある邪魔な歯を押したり傾けたりしてあごが動きやすい状況を作っている事になります。歯は審美的な問題と起こしていきますが、あごの動きにとっては居心地が良い状態とも言えます。フレアーアウトの改善させるときは、このあごが心地よい状況はそのままで、あごの動きに調和した歯並び、歯の形態、噛み合わせにすることが大切になります。

審美的な回復が期待できる

前歯が出っ歯やすきっ歯になることが多いため、矯正を行い改善を目指す場合と、すでにかぶせ物になっている場合には、かぶせ物で審美的改善を行うことができます。

噛み合わせの調整は基本

上下の歯の形態を少し削って修正することで噛み合わせの力のかかるポイントが変更できるため、小さなフレアーアウトであれば、噛み合わせの調整で改善することがあります。

フレアーアウトでは顎の動きを範囲内で歯の形態や位置を考えていくため、治療後の歯の形態に特徴があります。かぶせ物で回復させる場合には、突き出た前歯を被せ物で元に戻すと、歯の上下の長さ(高さ)が短くなります。

前歯が突き出て伸びていればいるほど、かぶせた後の歯が小さく感じるようになるのです。これは前歯が出て気になっている人に対しては、メリットになりますが、それまで馴染んだ歯の大きさが小さくなるため、前歯の大きさが物足りないと感じることもあります。しかし顎の動きを無視して、審美的形態を優先させれば、いずれかぶせ物の一部が破損するか、再びフレアーアウトを繰り返すことになるので、注意が必要です。

健康な場合、歯の隙間は、埋まっています。

歯周病でフレアーアウトを起こすと、歯と歯の間に隙間が空いてしまいます。

症例

実際にフレアーアウトを起こされた方です。フレアーアウトにより、歯と歯の間に隙間ができ、歯周病により、歯の根っこが露出しています。このような状態になるのは、年齢のせいではありません。長期的な放置によるものです。

ご案内

診察日
 
午前 ×
午後 ×

四條畷市・寝屋川市・大東市の歯医者なら四條畷なんこう通り歯科にお任せ

診察時間

午前:9:0~13:00
午後:15:00~19:00

△:土曜日は17:00まで
※土曜日は学会・研修会等でお休みさせて頂く場合があります。

休診日

日・祝日

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

072-863-1811