四條畷市・寝屋川市の歯医者なら、四條畷なんこう通り歯科にお任せ(JR学研都市線 四條畷駅徒歩7分)

痛くない・優しい歯医者さん

四條畷なんこう通り歯科

〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-11-58

診療時間

 9:00~13:00
15:00~19:00
(土曜日は17:00まで)

休診日

日・祝

お気軽にお問合せください

072-863-1811

Infection Prevention

感染予防

当院では、滅菌・消毒・洗浄をしっかりと区分けし、それぞれにこだわりを持つ事により、しっかりとした滅菌システムを確立しています。

  1. 患者さまごとに手袋を交換、手洗いを遵守する
  2. 患者さまごとに基本器具セットを滅菌パックにて提供する
  3. 患者さまのコップ、エプロンは使い捨てにする
  4. 注射針は使い捨てにする
  5. 治療中、血液や金属の粉をとばさないように配慮する
  6. タービン(歯を削る道具)は高温オイル、バーは薬液にて超音波洗浄する

洗浄/除菌システム「ミーレジェットウォッシャー」

ドイツでは100%導入に対し、日本では1%の普及率に過ぎないそうです(白水調べ)

当院は、国際規格(ISO15883)をクリアしたドイツのMiele & Cie.KG社製のジェットウォッシャーで、世界レベルの洗浄・消毒をしております。
機械が自動的に洗浄を行うので、優れた洗浄効果を得る事ができるだけでなく、洗浄効果を標準化する事が可能になります。
従来の器具の洗浄は、使用した器具をスタッフが手洗いを行い滅菌をしていましたが、この洗浄機により、難しかった複雑な構造を持った歯科器具もポンプから発生する水流で、付着した汚れを徹底的に洗浄し、その力は格段に上がりました。(HIVウイルス、肝炎ウイルスなども除菌)。

又、当院では、ミーレジェットウォッシャーを導入する理由として、「器具を手洗いするスタッフの安全を守る」ということもあり、療従事者を怪我や感染から守り、安全な医療環境作りにも注力しています。

患者さんごとに徹底した滅菌対策を行っていま

感染症を患っている方をそれと知らずに治療し、その器具の滅菌が不十分であれば、その後の患者様に感染する恐れがあります。

医師がすべての患者様の感染症を正確に把握できれば良いのですが、それは困難であり、また患者様自身も完全に把握していないケースがあります。

したがって、患者様から感染症の申告がなくても、他の患者様に感染しないよう滅菌の徹底をはかるということが、当医院の院内感染対策に関する基本的な考えです。

滅菌パック(治療器具)

当院では患者さん毎に、滅菌を行い、院内感染に努めています。

タービン洗浄

歯を削る機械(タービン・エンジン)、器具(スケーラー)を洗浄・注油する専用洗浄器です

滅菌パック(タービンなど)

歯を削る機械(タービン)ももちろん使い回しはせず、きちんと滅菌を行っています。

2017年読売新聞に掲載された記事です。当院では全ての器具を滅菌しておますので、ご安心ください。

超音波洗浄機

歯科医院にとって院内感染は深刻な問題です。

紙コップやグローブ、注射針は患者様ごとに使い捨て(ディスポ)できますが、治療器具は使い捨てできません。そのため治療器具は患者様ごとに洗浄し、減菌処理を施します。

超音波洗浄器は手洗い後の治療器具を細部まで確実に洗浄する機器です。汚れをすべて落としたら次の工程の高圧蒸気減菌器にかけて完全減菌します。

当院の滅菌・院内感染予防への取り組み

小型高圧蒸気滅菌器
(EX ClaveⅡ)

口の中を治療する歯科の分野は想像以上に出血する事が多く、その度に器具は汚染されてしまいます。

歯肉炎の患者さんでは、歯ブラシを当てただけでも容易に出血し、外科治療はいうまでもなく歯石をとったり歯の神経をとる治療でも出血は起こります。
また、唾液からの感染も無視できません。

ですから、神経質なくらいに院内感染対策を実施し、少しでも安心して治療を受けて頂けるよう配慮しています。オートクレイブでの医療機器の滅菌はもとより、その他の消毒システムがあり、次の取り組みも実施しております。

滅菌手順

患者さんごとに手袋は、全て交換します

流水下でしっかりと汚れを落とします

可能なものは全てオートクレーブにて高圧滅菌を行います

滅菌パックに入れて滅菌します

四條畷・大東でホワイトニングをお探しの方は当歯医者へご相談下さい。

四條畷・大東で予防歯科をお探しの方は一度、当歯医者へご相談下さい。